詳細は先程

童話(@tatanai_douwa)の詳細です

プライバシーポリシーと広告について

当サイトのプライバシーポリシーは以下の通りです。 当サイトに掲載されている広告についてGoogle Adsense 当サイトは第三者配信の広告サービス「Google Adsense グーグルアドセンス」を利用しています。広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた広告を表示…

新宿、昼4時間、3000円

居酒屋で缶ビールが出てきたらどう思うだろう。ビール党の人は目を真っ赤にして怒るはずだ。ビール党でなくても少しげんなりする。それほど生のジョッキが持つ魅力は凄いし、缶ビールはどうしたって味も雰囲気も劣る家庭酒という印象が強い。 しかしどうだろ…

反義語発見ゲーム「喫茶店」

絶対に彼女なんて作らないと宣っていた友人が恋人とのツーショットをTwitterにアップしたとき、周りの人は口々に「矛盾しているぞ!」と文句を言った。その気持ちは分かる。しかし、その発言に大きな違和感を抱いた。 厳密にいえば、それは矛盾ではない。矛…

一夜明けて

火事という文字を見たときに、人は即座に「すべてを失うかもしれない」という想像を働かせる。それほどまでに火事の恐ろしさは沁みついている。浸透度は戦争の比ではない。僕も例外ではなかった。いろいろ投げだして駆けつけたのだった。 新宿ゴールデン街。…

本音

先日、中学校の同級生と飲んだ。お互いにとって初めてのサシ飲みだった。会を持ちかけたのは僕である。1か月前に開催された同窓会で8年ぶりに再会した際にあまり話せなかったのを悔やんでいた。彼が近く海外へと発ってしまうこともあり、その前に話してお…

大人気保育士のインタビューがとにかく怖かった理由

大人気保育士ツイッタラーがこんなインタビューを受けていました。 wotopi.jp 僕は子供を持つ親でもないし、保育士でもないので、この議論についての強い意見は持っていません。しかし、この記事を読んで湧き上がってきた感情には明確な理由があります。今回…

注釈文の多い料理店

若やかな*1アトモスフィア*2が漂うちょうど笑い飯の鳥人に出てくるような紳士*3がふたり、多摩を三倍に希釈した感*4が伺える街の、さらに人気がない索漠*5とした林地を、こんなこと*6を言いながら歩いていました。 しばらくすると、工藤新一の自宅のような洋…

福岡と腹痛

コナンのOPメドレーを聴きながら新幹線に揺られること5時間ちょい。見慣れたコインロッカーが出迎えてくれる博多駅にて、3泊4日の福岡旅行がスタートしました。夜にオカマと合流、カラオケを改装して居酒屋にした強引な一次会会場へ。参加者のほとんどが遅刻…

最近のこと

渋谷センター街でバイトをしたら左足首の捻挫が酷くなり、完全に肉離れの様相を呈してきた。肉離れの様相を呈すとは思わなかったので混乱しています。一説によると人は死ぬと生き返らないそうです。一瞬を生きる風になりたい。 上述した通り、僕はバイトを3…

東武東上線とロベルト

東武東上線はゴミ。 珍しく夕方まで埼玉県にいた僕は、夜ご飯を食べに神保町まで出かけようとしていました。東武粗大ゴミ線で池袋まで行き、老人と地蔵の街巣鴨まで山手線、そこからさらに都営三田線(”都営”って見るたびに思うんだけど本当に東京都が運営し…

エアバッグの論理パズル

今でこそすべての車両に取り付けられているエアバッグだが、以前はトリガーのコストがかかりすぎたため、高級車にしか設置されていなかった。そんな中、エアバッグとは無関係のとある会社が、自社のとある製品を応用すれば安価でエアバッグを製作できること…

計画は立てて予定は組む

目標があるときに、細かく計画を立て、なおかつそれをきちんと実行する人を尊敬する。僕は、昔は計画フェチで、立てただけで満足するような、典型的な「勉強のできない子」だった。今はそれが無駄な行為であることに気づき、計画を言葉にするような真似をや…

ルーマニア女子大生殺害事件とTwitter

誰かのツイートを契機にして、数時間にわたるネットサーフィンが始まる。週に一回くらいはそんな体験をするが、今回は思わぬ知見を得た。 Rumania Montevideoというアーティストがいた。いくつかアルバムを出して、突然活動を休止した。1999年に世に出したデ…

一石四鳥の最強ツール「少納言」について

言葉というのは有限である。造語という例外を除けば、自分たちが使用できる単語や表現は、すべて既存のものだ。自分が書きたいことにそぐう言葉を「既存の言葉たち」から、見つけ続ける。その作業こそが、文章執筆なのだ。 既存の言葉は、使用された過去が膨…

心肺

次の文章を読んで、以下の問いに答えなさい。 窮屈だ。周りを見渡すと、同じような見た目をした奴らがひしめきあっている。 「ねえ、ここのカフェさ、本当に人気なのかな。コーヒーそんなに美味しくないけど」 沙希は憮然としている。退屈そうにストローをい…

70セントの煙草を巡る問題

アメリカの煙草店で70セントの煙草を10ドル札で買った。日本でなら、引き算をして「9ドル30セント」のお釣りを渡すだろう。しかし外国では普通引き算をせずに「10ドル札に対しては10ドルのものを渡す」というふうに考える。まず70セントの煙草を渡し、次に10…

文章を縦に組み立てるときの留意点

友人のオカマが常々「文章をまとめる能力が無い」と漏らしていた。偶然にも別の女性からも同じ愚痴を聞いた。二人の話を要約するに、どうやら結論という到達点に辿りつくまでに、様々な形で脱線してしまうという。よく言えば「気が利く」のだ。あれもこれも…

あのツイートの作り方

言葉について考えるブログなので、たまには人気ツイートの分析なんていうものもやってみようかと思った次第です。でも、個人的な感情があまり表に出ないように努めることで精いっぱいな気がします。無断転載も外部リンクもしないので伝わるかどうか不安です…

推敲の一歩目

「童話さんはどうやって自分の文章を推敲しているのか」と尋ねられたことがある。そのときの返事は覚えていないのだが、おそらく「あんまりしていないです」に類するような、何とも気の抜けた回答だったように思う。というのも、本当にあまりしていないのだ…

「頭髪を乾かすためにお使いください」という注意書き

何気ない文面にも、その背景を汲み取って、あれこれ考えてしまうときがある。特に注意書きの威力は凄い。様々な思いを感じる。以前沖縄の安いドミトリーに泊まったとき、エレベーター内に英語で「ジャンプするな!」と書かれていて笑ったのを今でも思い出す…

新しい世界

「言語は事実を表現するものではなく、事実に対する見え方を表現するもの」という金言がある。認知言語学と呼ばれる諸分野で、20世紀後半から現れた考え方だ。この根元は新しいレトリック観に通じている。このブログでもレトリックは表現技法ではなく認識そ…

「つまずいた数だけ大人になれる」は今後一生使うな

名言、と呼ばれる言葉がある。偉大な哲学者や第一線で活躍するスポーツ選手、はたまた人気の俳優など、影響力のある人間が言った「名言」は、多くの人の心を揺さぶってきた。ためしに名言botのフォロワー数を見てみると、軒並み10万超えである。いかに大衆が…

レトリックの展望を夢見る

認知言語学という学問がある。このブログで触れたかどうか忘れたが、簡単に説明すると、人間の「ものの捉え方」から言語を解明する学問だ。発展途上の領域なので、今でも続々と論文が登場しては、議論が活発に起こっている。このブログでもいずれ、その最前…

ちょっとウザいバイトの先輩文体

自分でも思う。いや、文体変わりすぎて気持ち悪い。ツイートとか対談ブログの編集後記とか、こう、あんまり人に読ませる気がないような、自慰行為かセックスかで言えば完全に同時三点攻めの文体だけど、ひとたび「論理的な文章とは」なんてものにとりかかっ…

松岡修造ユーモアに抱く違和感

極度の寒暖が見られたとき、必ずと言っていいほど流れてくるのが「松岡修造が今どこにいるのか」というユーモアだ。これが、文字通り寒気がするほどつまらない。その理由について分析してみようと思う。 ユーモアには二種類ある。いわゆる「常識」から逸脱す…

「収納して楽しむ」読書観

自分ではぼんやりと「吸収するように読んでいる」と思っていた。読書観の話だ。かなりの速読ではあるが、読み終わった後にはメモが残るし、自分の中に蓄積されている感覚もある。しかし、こんな記事を読んで、少し思うところがあった。 hyohyosya.hatenablog…

友人の書いた小説で勝手に問題を作る(作者の解説編)

問題編→友人の書いた小説で勝手に問題を作る(問題編) - 詳細は先程 童話の解答編→友人の書いた小説で勝手に問題を作る(童話の深読み解答編) - 詳細は先程 はじめまして。 未だ工事といいます。 前前回の記事で僕の拙い話を読んでくださった方、ありがと…

友人の書いた小説で勝手に問題を作る(童話の深読み解答編)

作者の気持ちを答えなさい、という問題が死ぬほど苦手だった。だってわからないじゃん、作者の気持ち。作者からのメッセージを受け取って自分の感想を言うならできるけど。作者の気持ちなんてどこまでいっても推測だから、納得いかない。「解答解説」なんて…

友人の書いた小説で勝手に問題を作る(問題編)

次の文章は、未だ工事(@imada_kouji)の小説『ピーチジョン』の全文である。これを読んで、あとの問い(1~3)に答えよ。 空間転移装置の事故でキメラが誕生する話を聞いたことがあるだろうか。装置に猫が紛れ込み、猫人間になってしまった少女のドタバタコ…

機能的固着の論理パズル

<例題1> 窓も何もない、四方が壁の部屋にあなたはいる。床には「ろうそく1本、箱に入ったたくさんの画鋲、一度しか着火できないライター」の3つのみ落ちている。 さて、この部屋には明かりがない。どのように解決するか。 認知心理学のテキストには「機能…

センター現代文必敗法

もうすぐセンター試験ですね。受験生の皆さんは、弛まず努力した時間をマークシートにぶつけるだけなので、この記事を読む必要はありません。大人の皆さん。センター試験の思い出を受験生に語るのだけはやめましょう。SNSで自伝をこれみよがしにアップするの…

論理的な文章とは

論理的、という言葉を、皆さんはどういった文脈で見かけて、どういった意味で使い、どのような状態だと捉えているだろうか。あるいは、どのような文章を読むと論理的だと感じるだろうか。また、論理的でない文章とは何だろうか。 いくつも問いを畳みかけてし…

不倫事件のときのTwitter雑感

ダイニングから母親の声がして、そういえば夕餉の時間だったと席に急ぐ。冷めると怒るからだ。父親はもう席に着いているはずなので、僕が行けば食卓が始まる。ダイニングに到着すると、何と母親と父親が喧嘩をしている。夕飯は半分くらいなくなっていて、隣…

『姉にバレないようにこっそり姉の彼氏とキスしたらいつの間にかエスカレートしちゃった妹www』における姉

キッチンに立つと、ユカはたちまち楽しくなる。リズムよく動く包丁は、まるで自分の手を離れているかのように軽やかで、自分もその包丁になりたいと思うほどに愉快げだった。しばしば会話も聞こえないくらい料理に夢中になる。最近ハマっているスペイン料理…

肺炎になった

何とも情けないことに、風邪をこじらせて軽い肺炎になった。年の瀬からずっと体調が良くなかった上に、特に回復に向けた努力をせずに好き勝手過ごしていたら、案の定である。己の甘さ、怠惰さも原因の一端(あるいは大部分)なのだが、それよりも問題なのが…

最近使った比喩表現

レトリック(修辞表現)の中でも、比喩は最もなじみ深いものだろう。伝えやすくする、あるいはイメージを強く持たせる際に、比喩は効果的である。古今東西の作家が比喩を磨き、遺してきた。また、比喩は作家だけのものではない。自分で文章を書いたことのあ…

元旦、あるいは元日(連作)

元旦、あるいは元日 元旦の夜にコタツを囲ん、はい、元旦は朝、はい、元日、はい 奥の歯にくっつキストの一面を覗かせちゃっていますよね餅 平日が「発車します」とコールして休日達が駆け込んだ、バカ 20年ピザだけ運んだ俺だから分かる アイツら食われたく…

ラブホテル論理学

「論理」という言葉がえらく高尚に感じられるのは、何故なのだろう。その思いがずっと頭を支配していた。論理的であることのハードルは不当に高く見えてしまう。論理的に振る舞う人は敬遠され、気難しいと誤解される。しかし、論理学と格闘すればするほど、…

2016

日本語について考える、という目的で始めたブログも、年を越すことになりました。何より継続していきたいと思います。あけましておめでとう。 元日なので、これからこのブログでやっていきたいことをつらつらと書いていきます。久しぶりに「ですます体」で書…

「棒に振る」の意味が分かりますか

ダニえルさん(@danigorou)という方がいる。何年もTwitterで相互フォローで、二度ほどお会いして話したのだが、言語に対して鋭い感性を持っている人だとつくづく思う。今回の記事は、彼の何気ないツイートから掘り下げる内容になっているので、まずは彼のツ…

「ゆるやかな嫌煙」に対する喫煙者からのアンサー

友人にあかごひねひね(@akagohinehine)という人物がいる。彼とは何度か食事をともにし、会話を楽しんだ。Twitterアカウントの立ち位置や境遇、普段考えていることなどが似通っていて、距離を縮めるに至った。 そんな彼がこのたび「ゆるやかな嫌煙」という…

掛け声化した言葉

相槌に成り下がった言葉という記事を書いた直後、運命的なエッセイに出会った。同じような感情を、自分より遥かに明晰な文章で綴られたそれは、著者の名前を「野矢茂樹」という。僕が敬愛する哲学者だ。エッセイ集『哲学な日々 考えさせない時代に抗して』よ…

相槌に成り下がった言葉

恋についての様々を会話している男女。お互いの価値観を摺り寄せながら徐々に距離を縮めていくその様は、何とも微笑ましい。この間もカフェでカップルが第三者の恋愛模様について語っていた。その中で、男性が何気なく使った言葉に、何ともいえない違和感を…

煙草にまつわるエトセトラ

喫煙者は、どこか雰囲気に恋しているところがある。もちろん単にニコチンとタールに依存している側面は否定しないが、それだけではないのもまた事実なのだ。紫煙を燻らす刹那、化学物質ではない何かに癒され、楽しんでいる。そのひとつに、言葉がある。 煙草…

傘をさす

クリスマスも近づいた頃、思い出したかのような雨が降った。無粋な表情をする空を拒絶する意思を、傘をさすことで表明する。濡れたら困るのは、濡れたら生きづらいからだろう。そう考えると、傘をさすことも「生きる」ことの一環なのかもしれない。 新宿にて…

少し田舎

少し田舎、という雑な言葉が許されるなら、そう表現したい町がある。僕の地元だ。巨大なビルとうるさいネオンが支配する都会からは、電車で三十分。商店街がシャッターの色を隠さない程度にはさびれているが、子どもの色鮮やかな声はまだ聞こえる。図書館と…

読書感想文雑感

小学生時分、読書感想文だけが8月の34日まで白紙だった。単に面倒だったこともあるが、そもそも「感想」という言葉の意味が理解できなかった。「感想文」なら「読んでいるときにお母さんから服を脱ぎっぱなしにしていることを怒られてムカついた」とか「…

優遇されすぎな言葉たち

夏の晴れた日。せっせと仕事をした後に、同僚とこんな言葉を交わした人は多いだろう。 「焼肉でビールいっちゃうか」 焼肉でビール。魅惑的な言葉である。誰しもがジューシーな牛肉と、罪深く泡立った琥珀色の液体を想像する。喚起されたその光景は、聴覚だ…

詳細はここから

オカマとの対談ブログ(http://dimdouwa.hatenablog.com/)を始めて、早くも一週間が経過した。試行錯誤の段階ではあるが、ある程度の方向性が見えてきたと自負している。しかし、ひとつ問題点が。オカマのLINEの返信が、少し遅いのだ。それには「オカマは忙…