読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

詳細は先程

童話(@tatanai_douwa)の詳細です

友人の書いた小説で勝手に問題を作る(作者の解説編)

問題編→友人の書いた小説で勝手に問題を作る(問題編) - 詳細は先程

童話の解答編→友人の書いた小説で勝手に問題を作る(童話の深読み解答編) - 詳細は先程

 

 

 はじめまして。
 未だ工事といいます。

 

 前前回の記事で僕の拙い話を読んでくださった方、ありがとうございます。

 

 そして前回の記事での童話さんによる分析、本当に感謝です。



 読む度に推敲したくなる部分が3つ見つかる事で有名な僕のブログですが、今回はこの特性が存分に発揮され……なくてホッと胸を撫で下ろしている次第です。

 

 さて、答え合わせの前に少し、どんな風にこの話が出来上がったのかを書いてみようと思います。



 僕は星新一など昔のSFショートショートが好きなので、寝る時にSFチックな妄想が浮かんでくる事があります。そして、眠ります。違います。寝ちゃダメです。寝る前に断片のメモを残しておきます。

 

 今回のメモはこんな感じです。

 

ーーmemoーー
空間転移装置
生物
見た目は同じでも中身は変わってしまう
ーーーーーーーー

 

以上。

 

 寝る時なので3行残すだけで精一杯です。



 そして今回の話は、このメモを人に話しているうちに勝手に続きが生まれてきました。



 そのとき話した内容がだいたい以下のような感じです。



ーーーーーーー

 

空間転送装置ってあるよね。空間転送装置。

 

これ、物はきちんと転送できたとして、人間の脳は転送先でもきちんと再現されるのかな?
例えばだけど、同じ情報が並んでいても、それぞれの関連性が正しく再現できなければ、記憶が丸っきり違うものに替わってしまうんじゃないのかなって。
もし転送先で、見た目は同じだけど記憶の違う人間が出てきたとしたら…。

 

それは装置の不具合で記憶が改ざんされたのか、それともパラレルワールドの人間と入れ替わってしまったのか、分からなくなってしまうんじゃないだろうか。
転送装置から現れるパラレルワールドからの来訪者。

 

話が少し変わるけど、装置の外乱を大きくすればどうなるだろう。
人間と猿のDNAは99パーセント一致すると聞いた事があるけど、装置がほんの少し乱れただけで別の生物になってしまったりするんじゃないだろうか。
更に大きく乱せば、植物の種子が動物の卵になってしまう事だってあるかもしれない。

 

果実の中の種が胎児になってしまったりして。

 

そして外乱が大きすぎた為に、それが転送された先は時空を超え、昔々あるところにおじいさんとおばあさんが住んでいたような場所かもしれない。
そして、川に落下して、どんぶらこ、どんぶらこと流れていって……

 

ーーーーーーー



 とまあ、こんな感じで書いてみたはいいですが、なんだこれは。

 

 もう一度言います。なんだこれは。

 

 こっちの方が理論がわかりやすくて、なおかつスッキリして読みやすいじゃないか。
 いっそのこと、こっちを本編にしてしまおうかな、なんて思ったりして。

 

 まあ冗談は置いといてですね、これを小説風に書き直して整合性を持たせる為に肉付けしたら短編に仕上がりました。ちょっと読みづらくなりましたけど。
 
 はいここ!
 整合性、肉付け、これテストに出ますよ。




 さて、それではお待ちかね、設問の答えを発表します!

 

 作者視点だとどのようになるのか!




*1:この部分にあるマウスのエピソードは、文章全体から見てどのような役割を果たしているか。答えなさい。

 

 これは深い意味は特になくて、人を装置に入れる理由を作るために無理やり書きました。
 物語に整合性を持たせるための、いわゆるこじつけです。




*2:2号機が持つ文章構成上の役割を答えなさい。

 

 これは上に書いた文章の『少し話は変わるけど』という言葉の通り、ちょっと別の話です。ふと思いついて話がそれていった結果ですね。
 別の話をスムーズに繋げるため、そして最終的に桃の中に太郎を入れるための…ってちょっといやらしい表現ですねこれ。
 深い意味なんか特になく、二つの話をうまくこじつけるために出来上がったエピソードですね。




*3:ここでの舞台設定が夏である理由を答えなさい。

 

 この流れからも皆さん薄々気づいているかもしれませんが、これも桃太郎にこじつけるための季節設定ですね。
 夏じゃないと桃の登場が不自然ですから。






結論:書いている側は深いことを考えている訳ではなく、物語として完成させる為に話をこじつけることだけで必死!!
 
 
 

f:id:dimdouwa:20151215181158j:plain マジかよ!!!